滑床アウトドアーセンターイラスト

滑床アウトドアーセンターのHPへようこそ!!当センターは、四国の西南に位置する景勝「滑床渓谷」でのアウトドア体験の総合受付窓口です。

滑床渓谷は、四万十川の源流の一つであり、滑らかな花崗岩の床が12キロにも及び続いています。この渓谷では、ずっと登山や散策が楽しまれて来ました。当センターがある万年荘も、嘗てはユースホステルとして 沢山の登山客で賑わっていました。現在は、登山や散策だけでなく、キャニオニング、ネイチャーガイド、ロープ木登りなどのアウトドア体験を楽しんでいただけるようになりました。
滑床ならではのアウトドア体験を満喫していただけますように、皆様のお越しをお待ちしております。

滑床渓谷がある松野町の観光情報については、森の国まつの をどうぞ!!

山版トライアスロン

松野町から四万十市西土佐をアウトドアで楽しもう!!

山版トライアスロン.JPG

滑床アウトドアフェス2014

 

滑床渓谷に12種のアクティビティが大集合!!

キャニオニング、シーウォーカー、トレイルランニング、スラックライン、ロープ木登り、チャリンコチャレンジ、ボート乗り比べ、トレッキング、ネイチャーガイド、ボルダリング、フライフィッシング、フラダンス、BBQ・・・12種を超えてしまった(汗)。

一つのフィールドに、こんなに集まるなんて・・・今までになかった?

滑床アウトドアフェス2014

詳細は、専門ページ(滑床アウトドアフェス2014)をご覧下さい。

滑床キャンプ場

滑床アウトドアセンターは、渓谷内にあるキャンプ場の受付窓口となっております。

滑床渓谷の清流を見渡せるマイナスイオンたっぷりの空間を満喫してみませんか?

滑床キャンプ場

 

サービス概要

  • 利用料金
    •  
  • ・大人-300円 ・小中学生-150円 ・未就学児-無料
    •  
  •  
    キャンプ用品の貸出し
    •  
  • キャンプ用品のレンタルをご希望の方は、事前にご相談ください。
    •  
  •  
    ご利用注意事項
  • ■キャンプ場内には猿が出没しますので、食べ物等の取り扱いには、くれぐれもご注意ください
  • 食べ物が入っていなくても、ビニール袋などは狙われます。 
  •  
  • ■安全にキャンプを楽しむため、以下の注意事項を厳守してください。
  1. ​○花火の使用
  2. 近隣には、テントや山林があるため、キャンプ場内では如何なる種類の花火も使用を禁止しています。
  3. ○ペットの取り扱い
  4. 犬などのペットにつきましては、他のご利用者様の迷惑にならないように、鎖で繋いでおいてください。
  5. ○夜間の水遊び
  6. 滑床渓谷はすり鉢上の地形となっており、キャンプ場付近で雨が降っていなくても、上流で大雨が降った場合など、急に増水することがありますので、ご注意ください。
  7. 特に夜間の水遊びは危険ですので、禁止しております。
  8.  
  •  
    駐車場
  •  
  • 渓谷内には無料駐車場150台あります。
  • ただし、キャンプ場に隣接している駐車場は御座いませんので、ご注意ください。
  • また、荷物の積み下ろし以外において、路上駐車はご遠慮ください。
  • 長時間の路上駐車は、通行の妨げになります。
    森の国ホテル看板前の路上駐車スペースは、ホテル利用者、大型バスの駐車等に利用されますので、長時間の駐車はご遠慮ください。
  •  
  •  
    申し込み
  •  
  • 滑床アウトドアセンター(万年荘)
  • TEL:0895-49-1535  E-mail:info@nametoko.biz
  •  
  •  

 

キャニオニング-canyoning

キャニオニングとは、ただいま日本でも人気急上昇のリバースポーツです。

キャニオニングとは、ヨーロッパ発祥の新感覚スポーツで、渓谷(canyon)をする(ing)と書きますのが、渓谷を身体一つで自由に楽しみます。

キャニオニング

キャニオニングの楽しみ方は、大きく分けつ5つあります。

滑.png 

sliding-スライディング

キャニオニングの醍醐味と言えば、やはり滝を滑り下ることでしょう。滑の滝の上から一気に滝壺に向かって滑り落ちる爽快感と言ったら・・体感してみないと分かりません!!

日本の滝100選にも名を連ねる雪輪の滝を筆頭に、コース内に大きなスライダーポイントが5つもあり、それぞれのポイントが多彩で違った趣を持っており、飽きることはありません。

その他にも、小さいスライダーポイントも幾つも点在しており、スライダーという点からすれば、日本随一、それどころか、世界的にも類い稀なコースとなっております。

sliding.jpg
飛.png

jumping-ジャンピング

岩の上から、滝壺に向かって思い切り飛び込みます。

滝をバックに、岩から飛び込むのは、プールとは大違い・・・

ライフジャケットがあるので、泳げない人も安心です。

滑床渓谷には、水深11メートル超の落合渕という瓶のような滝壺があります。

jumping.jpg
降.png

rappelling-懸垂下降

 

ロープと下降器を使って、滝を降ります。

水飛沫を浴びながら、滝を下ったり、絶壁にぶら下がって降りたりします。

レスキュー隊気分を味わってください。

 

rappelling.jpg
登.png

climbing-クライミング

 

滝のシャワーを浴びながら、岩を登ります。

ロッククライミングですが、水圧を感じながら、まさに手探り状態・・・

三筋の滝の岩登りは、成功率20%!!

 

climbing.jpg
浮.png

floating-フローティング

 

キャニオニングは、スリリングだけではありません。

透明度の高い水にゆったりと身体を浮かべて、マイナスイオンを全身で感じて癒されて下さい。

 

floating.jpg

四国の西南に位置する滑床渓谷は、日本有数のキャニオニングスポットです。

日本の滝100選にも選ばれた雪輪の滝を筆頭に、天然のスライダーが多数存在するだけでなく、その他の要素も、バランスよく配置されたキャニオニングの為にあるようなコース設計がされています。

この新感覚体験・・・是非お楽しみ下さい。

ネイチャーガイド

四季折々、様々な生命の芽吹く滑床渓谷 では動植物の知識を初心者にも解りやす く伝えてくれるネイチャーガイドがおり ます。

普段何気無く通り過ぎてしまう植 物にも太古の昔から続くストーリーがあ り、その主人公なのです。ネイチャーガ イドはその動植物にそっとスポットライ トを当ててくれる森の伝承者。

生命達は 嬉しそうにあなたにそっと、風の囁きを してくれるでしょう。

ネイチャーガイド

 

松野町には滑床渓谷をより楽しみ、より満喫していただくためのガイド、"森の国 ネイチャーガイド"があります。 ネイチャーガイドと一緒に、通常万年橋から片道40分・往復1時間30分のコースを、渓谷の自然を五感で感じながら、往復3時間かけてゆっくり歩きます。 しばし日常生活を忘れ、ネイチャーガイドと一緒に心も体も解きほぐされる散策にでかけてみませんか?

PDF案内

ネイチャーガイドの久保田さんです。

 

ネイチャーガイド

 

登山と散策

滑床渓谷の属する鬼ヶ城山系は、海岸か らわずか5Km程の所に1,000m級の山々が そびえ立つ全国的にみても大変珍しい山 系です。

南予アルプスの別名の通り、四 万十川支流の豊かな水と全国的にも珍し い巨大な花崗岩が織り成す渓谷美。森を 分け入れば、四国南限に位置するブナ林 やシャクナゲの群落。

知れば知るほどに、 歩けば歩くほどに違った美しさを知るこ とができます。

滑床渓谷登山

当センターがある万年荘は、もともと登山客で賑わう宿泊施設でした。

フィッシング

滑床渓谷は、渓流釣りにはもってこいのロケーションとなっております。

全長12キロメートルにも及ぶ渓谷には、釣り人垂涎のスポットがぎっしりあります。

自分だけしか知らない穴場を探してみるのもまた楽しみの一つです。

アマゴ釣りの方は、釣りを永続的に楽しむため、渓谷の自然保護のため、是非キャッチ&リリースでお願いいたします。

釣った魚を食べたい方、気軽に釣りを楽しみたい方には、万年荘から目黒川に沿って下ること車で5分、滑床渓谷の清流を活かして、アマゴとニジマスの養殖がされています。

そして、この養魚場では、釣堀もやっています。

キャニオニングの午前ハーフを終えた後、今度はアメゴ釣りにチャレンジしてみては如何ですか?

警戒心が強いアメゴは、餌釣りでも、初心者が釣るのはなかなか難しい。そこに魚は沢山見えているんですけど・・・・ね。

だからこそ、熱くなること間違いなし!!

釣った魚は、滑床キャンプ場まで戻って、調理して食べたら・・・これまた格別です!!

フォレストキャニオンでは、キャンプ&バーベキューパックもご用意していますので、ご一緒にご利用されましたら、便利です。

 

アマゴの釣堀

滑床渓谷アメゴ釣堀

滑床渓谷養魚場


  フォレストキャニオンから車で5分

大きな地図で見る
サービス概要

営業時間 10:00~16:00

料金 基本料金:200円(1人)※釣具とえさ代  その他、釣った魚は、1kg2,000円で買い取りとなります。

実施期間  7月中旬~秋まで ※正確な営業日は、お問い合わせください。

問合せ先 滑床養魚場 0895-30-7910

 

お猿

滑床渓谷では、お猿の姿をよく見かけます。

愛くるしい姿は、滑床の自然と共に、心を和ませてくれることでしょう。

ただし、やはり野生動物ですので、色々と注意しないといけない点があります。

滑床渓谷のお猿

滑床渓谷にいる猿は、野生です。

ですので、常にその姿を見れるとは限りませんので、予めご了承ください。

 

お猿を見かけた時の注意点!!

◆餌を与えないでください。 

◆猿に触らないようにしてください。

特に、発情期になりますと、気性が激しくなり、噛み付いたりします。

◆食べ物の所持には十分にお気をつけください。

食べ物が入っていなくても、ビニール袋などがあると、取って行きます。お猿は、連携プレイをしますので、目の前の猿が囮となって、背後からもう一匹の猿が近づいて来て盗ったりしますで、ご注意ください。

◆車を離れる際は、必ず窓などはお閉めください。

 開けていると、猿が中に入って、物色します。

車の上のお猿

 

Page Top